視力矯正 コンタクトレンズ 眼鏡

視力矯正方法の種類

視力回復

近視や遠視、乱視など、視力になにかしらの問題があると、やはり視力矯正が必要になってきます。ひと昔前だと、その方法は眼鏡のみでしたが、最近ではそれ以外にもいくつかの選択肢があります。それら視力矯正に関する選択肢を把握し、あなたにとっての最適の方法を知るようにしてください。

 

現在では視力矯正の方法には、さまざまな種類があります。一時的な視力矯正を行うものから、視力矯正効果を継続できるものまで多様な方法があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。効果や要する時間、リスク、費用を考慮し、自分に合った方法で視力矯正を行いましょう。

 

視力矯正の代表的なものにはまず、「眼鏡」と「コンタクトレンズ」があります。視力が衰えた人が最初に検討するのはこのどちらかでしょう。眼鏡もコンタクトも、装用している間のみ視力を回復する一時的な視力矯正方法です。一般的であり、費用も比較的安価なのが特徴です。

 

眼鏡は数万円以上するのが常識でしたが、最近では5千円程度でも(あるいはそれ以下でも)安心して使用できる眼鏡ショップが登場してきました。また、コンタクトレンズに関しても、以前は街の店舗で順番を待って、処方箋の発行をしてもらい、そして併設店での購入というのが一般的でしたが、現在では処方箋なしで通販店で購入することも可能です。

 

次に、目の手術を行って視力を回復させる「レーシック」があります。レーシックは、以前に比べると一般的になってきました。高額な費用や、合併症のリスクなど、考慮する点はありますが、短期間で視力を回復することができるので、最近では受ける人が増えています。

 

そして、あまり一般的ではありませんが、「オルソケラトロジー」という方法があります。これは、寝ている間に特殊なコンタクトを装用することで視力を回復する視力矯正方法です。